2011年02月10日

「さよなら。」と言えば君の傷も少しは癒えるだろう?

you-sasa.gifオレンジシュプール

11.02.09
(引退)
先週の小倉競馬で12着入線後、今後について松田調教師を含め、関係者一同協議した結果、今春からの繁殖生活に備え、引退させることになりました。出資会員様には、追って書面にて詳細をご報告致します。長い間、ご声援ありがとうございました。

11.02.07
武騎手「道中は脚を溜めることに専念して乗りましたが、追ってからがひと息でした。生真面目な性格で一生懸命に走ってしまう分、最後の脚がなくなってしまったように思います」
松田調教師「直線に入る手前までは良い手応えでオッと思わせてくれたのですが…。最後は脚が上がってしまいました」

1000万下でも3着がありましたし、最悪500万下は2回勝てると思っていたのですが、一度ハマった負の連鎖から最後まで抜け出すことが出来なかった印象です。

個人的なハイライトは秋吉台特別で5着した時の末脚。
あの末脚をもう一度見たかった・・・


シュプールの賞金は父に入ることになっている(タイガーマスク的な?)ので、親孝行があまり出来なかったのが残念です。

サーパスとバーガンディミックもそうなので残った2頭に頑張ってもらいましょう。
posted by どぅー at 03:40| 東京 ☀| Comment(2) | オレンジシュプール(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

また外枠・・・

you-sasa.gifオレンジシュプール

11.02.03 
(松田国厩舎)
厩舎周りで曳き運動60分の調整。
松田調教師「マイクロを、30分背や腰にしっかりと当て、体を温めてから、運動に出ました。リズム良く、キビキビした歩様で、周回を重ねていましたよ。背・腰の疲れも見せていませんし、状態面は悪くありません。出走態勢は整っています。何度も言ってきましたが、今度こそ結果に繋がってくれればと思っています。今週の小倉競馬、芝1800mに武幸騎手で出走します」

11.02.02 
(松田国厩舎)
乗り運動で逍遥馬道を通り、坂路下にてウォーキング調整後、坂路にて併せの内で追い切る。
 助手 オレンジ   55.0−40.2−26.7−13.2 一杯
 助手 レジュールD 54.8−40.0−26.4−13.0 終い仕掛け
松田調教師「今日はブリンカーをせずに登坂。全身をくまなく使い、一完歩、一完歩、しっかりとした脚取りでスピードを上げていきました。ラストは後ろの馬が追いつき、4頭併せの様な形になっていました。オレンジの脚色は一杯でしたが、先週よりは確実に上向いています。今は気持ちが安定しているのが、いいですね。近走も状態は良かったのですが、小回りの内枠で、直線外に出せずに終わってしまったり、あるいは外枠で壁を作れず終わってしまったり、少し運がない感じもします。今回こそは、スムーズなレース運びで、この馬本来の走りを見せてもらいたい。今週の小倉競馬、芝1800m戦を予定しています」

前走に引き続いてまたの外枠。
やはり好枠を引いた2走前に脚を余したのが痛かった・・・

小倉大賞典を見ても分かるように、小倉の芝・中距離戦(特に1800m)はトニービンの血を持つ馬は良くフィットするので、そのあたりに期待です。

あとは幸四郎騎手の意外性に賭ける感じでしょうか。

引退時期も近いのでなんとか良い形で繁殖入りして欲しいと思います。
posted by どぅー at 02:32| 東京 ☀| Comment(0) | オレンジシュプール(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

ノーコメント

you-sasa.gifオレンジシュプール

album_orangespur_22.jpg
東京サラブレッドクラブ公式サイトより

11.01.27
(松田国厩舎)
曳き運動60分の調整。
松田調教師「追い切った反動もなく、背と腰の状態も安定していますね。疲れが溜まってくると、背中の形が悪くなる馬ですが、今は弾力感のある形をキープしています。それが、自然と歩様にも表れていますね。昨日は久々の追い切りで、動きはもうひとつでしたが、いつも手を抜くこともなく、真面目に調教に取り組む馬だし、心配はしていません。予定レースに向けて、しっかり調子を整えていきます」

11.01.26
(松田国厩舎)
1月21日、栗東トレセンに帰厩。今日は、坂路2本登坂し、2本目に併せ馬で追い切る。
 助手 オレンジ  56.9−40.0−26.6−13.6 一杯
 助手 レジュール 56.7−39.9−26.5−13.6 なり
松田調教師「金曜日に検疫が回って来たので、急遽、入厩させました。牧場の方でも、しっかり乗り込んでいたので、さっそく併せ馬で追い切りましたが、道中のテンポは良かったのですが、終いは一杯。久々の追い切りなので仕方ないですね。今のところ、2月13日の小倉、山国川特別(芝1800m)を予定しているので、時間は十分あります。今日のひと追いで、変わってくると思いますよ」

11.01.21
(宇治田原優駿S)
マシン運動60分、ダク600m、軽めのキャンター1800〜2400m、坂路1本(ハロン16〜18秒)。馬体重466キロ。
担当スタッフ「今回は馬体重が安定していますね。状態面の問題もないので、明日から15−15を開始の予定です。小倉でのレースを予定していますが、入厩後、すぐにレースに向けての調整ができるよう乗り込んでほしいと先生から指示が出ています。小倉開催を見据えて、しっかりコンディションを整えておきます」

11.01.14
(宇治田原優駿S)
マシン運動60分、ダク600m、軽めのキャンター1800〜2400m。
担当スタッフ「気持ちは安定していて、良い雰囲気を保っています。背腰の疲れは抜け切っていませんが、定期的にショックウェーブを当ててケアしています。小倉での出走を予定しているので、そこに向けて徐々に態勢を整えていきます」

11.01.07 
(宇治田原優駿S)
マシン運動60分、ダク600m、軽めのキャンター1200〜1800m。馬体重461キロ。
担当スタッフ「前走後、26日にこちらに入厩しています。すぐに馬体も回復して、4日から乗り出しています。ただ、背と腰の疲れは出ているので、以前のように、定期的にショックウェーブを施しています」

引退前にあと1戦か2戦か。特に何も言うことはないです。頑張って(苦笑)
posted by どぅー at 21:12| 東京 ☀| Comment(0) | オレンジシュプール(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

結果を出して

you-sasa.gifオレンジシュプール

12/23
(松田国厩舎)
曳き運動の調整。
助手「落ち着いて、ゆったりと運動に励んでいました。追い切りの反動はなさそうですね。馬体の張り艶が増し、雰囲気も良いです。馬体重は444キロ。前回は、オレンジにしては、少し立派だったかもしれないですね。明日の出発で、小倉で一泊出来るから、気持ちも落ち着くだろうし、良い形で出せそうです。なかなかチャンスを掴み切れずにいますが、何とか頑張ってもらいたいです」

12/22
(松田国厩舎)
乗り運動で逍遥馬道を通り、坂路下にてウォーキング調整後、ウッドコースにて単走で追い切る。
 栗東坂路 助手  75.7−52.0−32.1−14.6 馬なり
ウッドコース 3Fの時計 40.0−13.5 一杯
松田調教師「今回は、背や腰に負担が掛かるギリギリでハードに攻めています。時計も動きも上々ですよ。攻めた分はしっかりケアしてやります。これなら、良い形でレースに持っていけそうです。前回は、内をすくい切れなかったけれど、今回は、距離を伸ばしてみるし、しっかり抜け出してもらいたいね。ブリンカーを付けてレースに臨むともりです」

距離が1ハロン伸びるのはちょっと不安ですが、相手関係で手ごわそうなのはエムオーハンズとセキサンダンスインくらいな印象。

鮫島騎手にはもうそろそろ結果を出してもらわないと・・・

小倉の中距離戦はトニービンの血を持つ馬が強いですし、馬券的にも面白いかと思いますよ。
posted by どぅー at 19:46| 東京 ☀| Comment(0) | オレンジシュプール(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

鞍上がなぁ・・・

you-sasa.gifオレンジシュプール

org_kinkyo_orangespur_140.jpg
東京サラブレッドクラブ公式サイトより

12/16
(松田国厩舎)
曳き運動60分の調整。
松田調教師「昨日の馬場が応えたのか、多少背中に疲れが出ていますが、しっかりケアすれば問題ない程度。心配ないですよ。今は、飼い葉の食いの心配もいらないし、精神面も安定しています。運動時も、メンコの効果もありますが、落ち着いて一定の良いリズムで周回を重ねていました。このクラスなら、良いパフォーマンスをみせられるはずの馬だし、好結果を出せるよう、レースまでしっかり調整していきます」

12/15
(松田国厩舎)
乗り運動で逍遥馬道を通り、坂路下の角馬場にてウォーキング調整後、坂路にて併せ馬の内で追い切る。
 助手 オレンジ     56.0−40.3−26.8−13.8 一杯
 助手 タニノネグローニ 54.8−39.2−25.7−12.8 強め
松田調教師「一通りの追い切りが終わった後で、時計が掛かってしまいました。久々ということもあって、終いも一杯。ただ、今日の坂路は、いつもより時計二つ、三つは掛かっていたから、それを考慮すると、いつも通り動けていたと思います。心配はしていません。それに、古馬だから調整もしやすいし、今日ビシッとやったことで変わってくるはずですよ。レースは、来週小倉の芝2000m(牝馬限定)を予定。前走は、内に入ってしまい脚を使えず終わりましたが、最後まで手応えはありました。今の状態なら、距離を伸ばしても大丈夫だと思っています。鞍上は前走同様、鮫島騎手にお願いします」

12/10
(宇治田原優駿S)
マシン運動60分、ダク600〜1200m、軽めのキャンター1800〜2400m、800m坂路1本(17−15、週2回15−14)。馬体重455キロ。
担当スタッフ「体調が上がってきましたね。一番乗りで馬の少ない時間帯に乗っていますが、気合い乗りが良く、若い頃のようです。背と腰の痛みも感じられませんし、ショックウェーブも必要ないと判断して、現在は行っていません。このまま入厩に向けて態勢を整えていきます」

【追記】12/10
本日、栗東トレセン・松田国英厩舎に帰厩しました。

12/3
(宇治田原優駿S)
マシン運動60分、周回コースでダク600〜1200m、軽めのキャンター2400m、800m坂路1本(ハロン16〜18秒)。馬体重460キロ。
担当スタッフ「先週末から14−14のところも開始しました。馬体もふっくらとして、張り艶が増してきました。引き続き、背と腰へのショックウエーブは継続中ですが、順調に調子を上げています」

11/26
(宇治田原優駿S)
マシン運動60分、周回コースでダクと軽めのキャンター2400m、800m坂路1本(17−18秒)。馬体重456キロ。
担当スタッフ「まだ多少、背と腰に疲れはありますが、順調に乗り込んでいます。ペースアップを図ったので、体重は減りましたが、数字以上に大きく見せていますよ。順調です」

11/19
(宇治田原優駿S)
マシン運動60分、周回コースでダクと軽めのキャンター2400m、600m坂路1本(ハッキング)。馬体重467キロ。
担当スタッフ「多少、背腰に疲れは残っていますが、こちらに来た当初に比べると、随分良化しています。小倉での出走を予定しているようなので、しっかりケアしながら、徐々に乗り込み量を増やしていきます」

11/12
(宇治田原優駿S)
マシン運動60分。
担当スタッフ「火曜日にこちらに到着しました。馬体を確認したところ、多少、背に張りと傷みがあるようです。明日、ショックウエーブを打つ予定です。今週一杯は、マシンのみの調整にとどめておきます」

11/5
(山元トレセン)
担当スタッフ「到着後はマシンのみで進めていましたが、今日から坂路調整を開始しています。1本17−17くらいのペースで乗ってみました。少し背腰に硬さが見られたので、ショックウェーヴによる治療も平行しています。テンションは少し高めですが、他に気にある点もないので、このまま調整していきます。今のところ、来週の月曜日には、宇治田原優駿Sに移動の予定になっています」

11/3
(山元トレセン)
松田調教師「レース後、すぐに山元トレセンに放牧に出しました。向こうで細かいチェックを受け、問題がなければ、宇治田原の方に移動させます」

小倉の2000mは良いと思いますが、鞍上が・・・さすがに前走は鞍上のミスだと思いましたので・・・

まあもう引退までの付き合いでしょうから、前走を活かしてもう結果を出して欲しいと思います。
posted by どぅー at 06:19| 東京 ☀| Comment(0) | オレンジシュプール(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。