2011年07月13日

ルーヴェありがとう

w_hiroo.gifゴールデンルーヴェ



【7月11日】
 島上牧場在厩。9日(土)にエコー検査を実施。誠に残念ではありますが、右前浅屈腱炎の診断が下りました。なお、この検査結果を受けまして、森調教師とは現役を引退させる方向で協議に入っております。詳細につきましては、確定し次第、お知らせいたしますので、次回の更新までお待ちくださいますようお願い申し上げます。
「これで左、右、そして右と、3回目の発症。その程度から、最低でも1年ほどの休養が必要になりそうな状況ですし、本馬の年齢やこれまでの発症経緯などを考えますと、これ以上の現役続行はあまりにもリスクが高く、何より馬に対して可哀想にも思います。能力的なことだけを言えば、まだ可能性はありそうですが、総合的に判断をしていくとなれば、やはりここが引き際なのかもしれません。これまで幾度も再起して頑張ってくれた本馬には、改めてお礼を言いたいです。皆様には本当に申し訳なく思っております」(森調教師)

ファストロックに続いてルーヴェも引退が決まりました。

The 森厩舎という使い方をされた馬でしたね。
最初の屈腱炎さえなければ、OPまでは行けていた素質馬だったと思いますが、やはり怪我の代償は大きかった・・・

それでも2度の休み明けを2着に走ってくれたのは本当に感動しました。
愛馬初の重賞出走も叶えてくれました。

高額馬で回収という観点で考えれば全然ですが、この馬に出資出来で良かったです。


この馬の引退で広尾勢が一気に戦力ダウンした感じ。
ミック・シャトルアップが勝ち上がれなかった時は退会がかなり現実的なものとなりますね。
posted by どぅー at 22:24| 東京 ☀| Comment(2) | ゴールデンルーヴェ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

3度目

w_hiroo.gifゴールデンルーヴェ

【7月6日】
 先週末の調教後より、右前の裏筋に腫脹を確認。検査のため、本日午後に島上牧場へ移動しています。
「先週末15−15を行った後から反動がきてしまったようで、現在は騎乗を休止してアイシングで対処し、様子を見ている状況。もう数日ほど経過を観察し、初動が落ち着いたところでエコー検査により中身を覗いてみる予定となっています。腫れが出ているのは裏筋の下半分。5cmほどの長さになり、その形状から屈腱炎を再発している可能性も十分に考えられます。まずはケアに専念し、検査の結果を待つほかありません」(森調教師)

【6月29日】
 グリーンウッド在厩。おもに坂路にてハロン18秒ペースのキャンター1本を乗り込まれています。
「加齢による変化もあるかとは思いますが、本当に良かった頃と比べると、左トモの入りがもうひとつで、それに伴って肩の出もいくらか小さく映る状況。身のこなしに硬さを感じるのは、このあたりが影響してのことでしょうか。本馬の印象と言えば、“うるさくてムチムチ”。それなりに覇気はあるものの、今は大人しくて扱いやすくなっていますので、これがどう作用してくるかが今後のポイントのひとつかもしれません。調教師によれば、『そろそろ帰厩を検討する』とのこと。馬の状態を見ながら、日取りが決まってくるものと思われます」(栗原担当)

【6月22日】
 19日(日)にグリーンウッドへ移動。現在は、坂路にてハロン18秒ペースのキャンター1本を消化しています。
「全身の捌きがいくらか硬いようにも感じましたので、まずは体をほぐすようにセーブ気味の調整からスタート。様子を窺いながら、ペースを上げていければと思っています。当然のこと注意はしていきますが、休み明けから出走が続いている中にあって、脚元のほうは何ら問題なさそうですね」(栗原担当)

【6月15日】
 島上牧場在厩。現在はウォーキングマシン90分の調整です。
「脚元に異常はないですし、特に疲れを感じさせるようなこともありませんね。今週末にはグリーンウッドに移動して、再び乗り進めていく予定。『今月末のトレセン帰厩、7月16日(土)京都10R 蹴上特別(1000万下・ダ1800m)への出走が目標』(調教師)になるようです」(幣旗場長)

【6月8日】
 レース後は直接、島上牧場へ移動。軽くリフレッシュ放牧を挟むことになりました。
「レース後も脚元に反動はありませんが、休み明けからコンスタントに競馬を使ってきたことですし、前走は外に逃げる一面も。ここはひと息入れて、軽く仕切り直してあげた方がよいでしょう。ほどなくグリーンウッドに移動させ、『7月の出走を視野に』(調教師)調整を進めていく予定になっています」(平野助手)

ルーヴェ・・・

これはもうアウトでしょうね。
この倶楽部なら引っ張るかもしれませんが・・・

屈腱炎は本当に怖い。
posted by どぅー at 18:46| 東京 ☁| Comment(0) | ゴールデンルーヴェ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

どうしちゃったの?

w_hiroo.gifゴールデンルーヴェ

【6月4日】
 まずまずのスタートから、序盤は中団の外め。道中で少しずつ位置取りを上げて行きましたが、直線ではまったくの追えずじまい。結果13着での入線となっています。
「今日はずっと外々に行こうとして、全く競馬になりませんでした。初めて乗ったので何とも言えませんが、外枠が影響したのでしょうか。前走の感じや行きっぷりの良さから、ハナに立つぐらいの気持ちでスタートを切ったものの、直後から外を気にして、もうそっちばかり。左回りで結果を残している馬ですし、まさかこういった形になるとは…。今回は全く競馬をしないまま、終わってしまいました」(中舘騎手)

「ジョッキーが言っているように、ずっと外に逃げていたみたい。左回りで結果を残していても、たまにこういう事があるんですねぇ…。今日は悪いスイッチが入ってしまったのかもしれません。上がりを見る限り、脚元に異状はないですし、中間もちゃんと稽古ができていましたので、今日は気持ちの問題が出てしまったのだと思います」(渡辺助手)

◆見た目以上に外々へ逃避する恰好になり、鞍上は終始抱えるだけで精一杯だった様子。直線に向いても追うところなく戻ってきた時にはヒヤリとさせられましたが、その理由を聞いて、ひと安心。脚元と無関係であったのは、不幸中の幸いでした。今日は疲れるほど競馬をしていないとは言え、これで長期の休養明けから3戦を消化。7月末まで左回りの番組がないことですし、このあとは調教師とよく意見交換を行いながら、慎重にローテーションを考えていかなければなりません。(HTC)

期待していましたが、拍子抜けな結果。
道中「どれだけ外回すの?」と思っていたら、馬自身が逃避する形だったのですね。疲れがあったんでしょうか・・・?

スタッドジェルラン(昇級戦で2着)と互角の競馬をしたわけですから、力はあるはず。

大事に使って欲しいですし、左回りのレースまで休ませても良いと思いますよ〜。
posted by どぅー at 20:25| 東京 ☁| Comment(0) | ゴールデンルーヴェ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

トップハンデ

w_hiroo.gifゴールデンルーヴェ

lf_162.jpg
広尾サラブレッド倶楽部会員ページより

【6月2日】
 6月4日(土)新潟11R 直江津特別(1000万下・ダ1800m)に中舘英二騎手にて出走予定。
「水曜の追い切りは連日の雨の影響で馬場が重たかった分、時計こそ目立ちませんが動きはシッカリしており、ここまで順調に来ていますよ。この中間も脚元の方は安定していますし、気合い乗りも上々で状態はいいと思います。できれば今週使ってあげたかったので、ハンデ優先を得られたのは助かりましたよね。左回りは安定して走っていますし、自分のレースさえできれば楽しみです」(徳江助手)

- 調教時計 -
11.06.01 助手 栗東坂稍 1本 53.1 38.6 25.6 13.0 一杯に追う
11.05.27 助手 栗東坂重 1本 55.9 41.0 27.1 13.7 馬なり余力

コメントにもありますが、トップハンデでなかったら除外が確実だったので、今回ばかりはハンデ重くて良かったです。

鞍上未定でしたが中舘騎手で確定しました。新潟では格が上のジョッキーですよね。

勝ち負けという意味ではリコリスとの一騎打ちでしょうか。
リコリスは前走でちょっと舐めていたのですが、強い内容でしたし、なんといっても田辺騎手。
正直手ごわいです。
ダートでは5戦連続2着と勝ち味に遅い面があるので、叩き合いに持ち込んで勝機を見出して欲しいですね。

明日また専門紙の印等更新したいと思います。


6/3(追記)
「優馬」での印は△▲▲▲◎○となっています。

やはりリコリスが断然評価。田辺騎手今回も2着で(苦笑)

posted by どぅー at 22:17| 東京 ☔| Comment(0) | ゴールデンルーヴェ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

前走以上

w_hiroo.gifゴールデンルーヴェ

lf_163.jpg
広尾サラブレッド倶楽部会員ページより

【5月26日】
 栗東トレセン在厩。疲労取りのメニューを終え、通常の調教メニューに戻っています。馬体重498s(5/24測定)
「日曜日に坂路に入れたところ、時計を出す気がなかったにも関わらず、すごい行きっぷりを見せて結構な数字になっていました。二度使ったことで気持ちが入ったということでしょうか、ここ2走とは違い明らかに気合乗りが良くなっていますし、芯が入って来た印象ですね。幸い脚元も安定していますし、次は前走以上の結果を期待できそうです。予定通り6月4日(土)新潟11R 直江津特別(1000万下・ダ1800m)へ向かいましょう」(平野助手)

- 調教時計 -
11.05.26 助手 栗東坂良 1本 60.3 44.4 29.6 14.6 馬なり余力
11.05.24 助手 栗東坂不 1本 60.3 44.3 29.4 15.0 馬なり余力
11.05.22 助手 栗東坂良 1本 56.4 41.1 27.1 13.4 馬なり余力

陣営はちょっと強気じゃないっすか。期待しちゃいますぜ。

先週も書いた通り理想は勝って一息入れる形。決めちゃえ!
posted by どぅー at 22:20| 東京 ☁| Comment(0) | ゴールデンルーヴェ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。