2013年04月19日

ひとまずは安心

you-sasa.gifレッドルーラー

2013.04.18
(松田博厩舎→ノーザンファームしがらき)
丸馬場でダクを踏んでみて歩様を確認したころ、右トモの踏ん張りが利かないとのことなので、大事を取って、明日ノーザンFしがらきへ移動予定となりました。しがらきでも、再度しっかり検査をしてもらい、一週間ほど様子を見ます。経過が全く問題ないと判断されれば、帰厩させダービーを目指しますが、少しでも不安があるようなら無理せず休養させる方針です。

2013.04.17
(松田博厩舎)
本日は引き運動の調整でした。レントゲンを撮って、一通り検査をしましたが異常は見られませんでした。昨日、筋肉注射の処置をしたため、今日は1時間程度厩舎周りを引き運動にて調整しました。今のところ大きな問題はありませんが、引き続き様子を見ながら慎重に経過を観察していきます」

2013.04.15
4月14日レース後談
川田騎手「道中はいつも通り後方から進める形でしたが、流れも速くペースは向いているかと思いました。馬自身の手応えも良かったのですが、徐々に上がって行こうと思った3コーナー過ぎに、右トモを滑らせるような面が見られたので、そこで無理はせずひと呼吸置きました。その後、4コーナーでもう一度追いましたが、直線に向く辺りで他馬と接触するような面もあり、その時にまたトモがついていかないような感じになってしまいました。その状態で追っても余計に走りがバラバラになってしまうので無理はさせませんでした」
松田調教師「上がりの歩様なんかは問題なかったが、レースが終わったばかりで興奮しているから、症状に見せないケースもある。今のところは問題ないが、戻って馬体チェックをしてから今後のことは考えます」

最後の直線では最悪の事態を想像していましたが、今のところそこまで酷い症状ではなかったようで何よりです。

ダービーはもちろん出て欲しいですが、古馬になってからの成長力が楽しみな馬ですし、無理はして欲しくないと思っています。
posted by どぅー at 00:52| 東京 ☀| Comment(0) | レッドルーラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

自分の競馬で

you-sasa.gifレッドルーラー

album_redruler_5.jpg
東京サラブレッドクラブ公式サイトより

2013.04.11
(松田博厩舎)
本日は坂路1本の調整でした。追い切り後も特に変わりありません。
 67.2−49.9−33.7−16.2 馬なり
松田調教師「変わりなくいつも通りの調整で、良い雰囲気で来ています。枠順はどこでも良かった。今回もこの馬の競馬に徹して最後どこまで伸びてこられるかだろうね。今年のメンバーならチャンスは十分。レースを楽しみにしています」

2013.04.10
(松田博厩舎)
CWコースにて併せ馬で追い切りました。
 127.0−106.1−88.3−71.0−54.9−40.2−11.8 一杯
内ライドンシャフト一杯と5F併せ0.5秒先着
松田調教師「Cコースで先行して直線だけ併せる形で追い切りました。全体の時計は地味ですが、大外を回っての時計だし、最後までしっかり走って先着できたので、この馬にしてはまずまずでしょう。道中の行きっぷりもかなり良くなっているようだし、状態は更に上がってきていますね」

「優馬」△△▲△注△
「日刊スポーツ」

皐月賞はパスして京都新聞杯を使って欲しいというスタンスでいましたが、いざクラシックに出走出来るとなるとやはり嬉しいものですね。

自分だけでなく、評論家さんや、マスコミから伝わってくる陣営の評価も「ダービー向き」という意見が多いですが、皐月賞こそがダービーの最重要トライアルレース。
小回りでの器用さよりも、2000mを越えるレースでも結果を出せるようなスタミナ・底力を問われると考えて良いのではないでしょうか。

今年はスピードのあるコパノリチャードがハナを切りそう。人気のロゴタイプは自在に動けるタイプでデムーロ騎手であることを考えても強気に動きそう。
そうなればコディーノ・エピファネイア・カミノタサハラも動くはず。
坂で各馬の脚が鈍ったところを、ルーラーが後方一気でまとめて差し切るというのは出来過ぎた話でしょうか(笑)


さすがに勝つまでは無理としても、4着でダービーの権利は確保して欲しいところ。
マツパク先生ではないですが、自分の競馬をしてどこまでやれるか楽しみにしたいと思います。
posted by どぅー at 01:24| 東京 ☀| Comment(0) | レッドルーラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

いざ皐月賞

you-sasa.gifレッドルーラー

2013.04.04
(松田博厩舎)
本日は坂路1本の調整でした。
坂路 72.1−53.0−35.3−17.6 馬なり
松田調教師「追い切った後も変わらず馬は元気一杯ですね。付くべきところに筋肉が付いて、馬体も良くなってきているし、このまま来週に向けてしっかりやっていきたいですね」

2013.04.03
(松田博厩舎)
CWコースにて追い切りました。
3/30(土) CW     73.8−57.5−43.4−13.8 馬なり
4/3(水) CW 79.5−65.2−52.3−40.3−13.5 一杯
松田調教師「今日は単走で追い切りました。馬場が重たかったのもあるし、相変わらず稽古では終いモタモタするところがありますが、いつものことなので特に心配いらないでしょう。来週は併せ馬でやる予定です」

若葉Sはハマるとは思っていましたが、まさか突き抜けてくれるとは・・・
こちらの想像以上に力を付けているのでしょうか。

ずっと京都新聞杯を待望していましたが、こうなったら皐月賞でも期待しちゃいます。

ロゴタイプをコディーノ・エピファネイアがマークする形ならある程度流れてくれそう。
再度上りのかかる競馬になって欲しいですね。


以下過去レポート
posted by どぅー at 23:20| 東京 ☀| Comment(0) | レッドルーラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

皐月賞トライアルに出走

you-sasa.gifレッドルーラー

「優馬」△△▲△◎△
「日刊スポーツ」…△△△△△…

皐月賞トライアルだけあって、11頭立ても中々の好メンバーが揃いました。
距離は気持ち短い印象で、厳しいのは百も承知ですが、意外にやれそうな感じもしています。

過去5年でレースの上りが34秒台になったことが一度もなく、この時期の3歳馬には厳しいレースとなりやすいようです。
ルーラーは勝った2戦が上がり35秒台、負けた2戦が上がり34秒台なので、スタミナが問われる競馬は大歓迎なんですよね。

逆に人気のメイケイペガスター・サトノノブレス・アドマイヤドバイ辺りは瞬発力勝負で結果を残してきています。

各馬が直線意外に伸びあぐねてくれるようならあるいは・・・


まあここで権利を取るよりも、掲示板で次走京都新聞杯に向かって欲しいというのが理想だったり(苦笑)。



以下過去レポート
posted by どぅー at 14:42| 東京 ☀| Comment(2) | レッドルーラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

ステイヤーとしての資質

you-sasa.gifレッドルーラー

album_redruler_4.jpg
東京サラブレッドクラブ公式サイトより

13.02.21
 (松田博厩舎)
本日はCコースでキャンター調整でした。
松田調教師「昨日と同じメニューで順調に調整されています。前走後、少し背腰の筋肉がさびしく映りましたが、今は8キロくらい体重も戻して見た目にも良くなってきています。明日坂路で乗って土曜日に単走で15−15をやる予定です」

13.02.20
 (松田博厩舎)
今日はCコースでキャンター調整でした。
助手「今日も馬の行く気に任せて1F16〜17秒くらいで乗りました。この中間も変わらず順調に良い雰囲気で調整できています。週末くらいから15−15を始めるつもりでいます」

せっかく勝ってくれたのに更新が滞ってしまいました(汗)

前走は少頭数ながら好時計での勝利。それも外々を回されてのもの。
個人的にはステイヤーとしての資質を感じました。
長く使える脚が問われやすい京都新聞杯なんて凄く向くと思うんですよね。

@C@C着ときているので、若葉Sが4着、京都新聞杯が1着、ダービー4着で春を終えてくれないかななんて勝手に妄想しています(笑)


以下過去レポート
posted by どぅー at 01:11| 東京 ☀| Comment(0) | レッドルーラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。