2015年11月07日

フレンチノワールの初仔がデビュー!

you-sasa.gifレッドエトワール

15.11.05
(久保田厩舎)
プール2本。
攻め厩務員「今週も追い切った翌日はプールで調整しています。先週プールに行った事で慣れも出て来て、躊躇する事なく入ってくれるようになりました。気持ちの方もだいぶ入っているようで、馬自身がやる気になってくれていますね。稽古の動きを見たところ、パワーもあってセンスを感じるので、レースでも頑張って欲しいと思います。あとは初めてのレースですし、装鞍所などでテンションが上がってしまってうるさくなる事も考えられるので、そういった面は気を付けて対応してあげられればと思います」

15.11.04
(久保田厩舎)
坂路下馬場で運動後、坂路で追い切り。
11/4(水) 坂路
内レッドエトワール 54.1−39.6−26.2−13.1 終い仕掛け
外ダノンミシガン 53.5−39.3−25.9−13.0 馬なり
攻め厩務員「今日は坂路下馬場で体をほぐしてから、坂路にて先行して追い切りました。雨の影響で馬場が重くなっていましたが、やはりパワーのある馬ですね。自分からグイグイ進んで行ってくれていましたし、ヘコたれて走る気が無くなりそうなところもなかったですよ。最後も稽古駆けする格上馬相手に離される事なく、一生懸命食らい付いていましたね。動きは良かったと思います。追い切り本数を重ねて来たことでうるさくなって来ないか心配していましたが、逆に落ち着いて来ていますね。疲れているような感じでもないですし、雰囲気はとても良いですよ。あとはレースまで無事に行ってほしいですね」
久保田調教師「今日の追い切りは馬場も悪かったのですが、動く古馬に対して引けを取らないくらい動けていたので、先週ウッドコースで追った時よりも良い動きでしたね。ここまで順調に来ているので、予定通り今週の東京を田辺騎手使います」

「日刊スポーツ」…▲○○▲◎◎

さあフレンチノワールの初仔レッドエトワールが好調田辺騎手とのコンビでデビューします。

ウッドでも坂路で古馬をあおる好調教を見せていますが、2種類以上のコースでどちらも動けるというのは個人的には信頼度高いと思います。一定以上の能力はありそう。

ワークフォース産駒の適性は1400mよりはもう少し長いところにありそうな気がしますが、お母さんは同様真面目に走るタイプのようなので、相手関係も加味して初戦としては良いのかもしれません。

その相手関係ですが、まずは超良血馬ダイワウィズミー。
ただそんなに速い時計を出している訳ではありませんし、デムーロ騎手の騎乗停止を受けての東上。上は3頭中2頭が1番人気を裏切っていますので、ここは人気を吸って飛んでくれないでしょうか。

他で怖いのは減量騎手で、ウッドで古馬をあおっているショコラーチくらいなものだと思います。


お母さんは新馬勝ち出来ませんでしたが、エトワールは初戦から田辺騎手ですからね。
ずっとコンビを継続してもらえるような走りを期待しています。
【関連する記事】
posted by どぅー at 10:17| 東京 ☁| Comment(0) | レッドエトワール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。